« しらすを頂きました♪ | トップページ | 採れたてのお野菜 »

「国家の品格」を読みました

 

暑い夏は読書が一番と、最近、図書館通いしています。

 

私の家から5分のところに、香芝市の図書館がありますheart04

 こじんまりとしていますが、パソコンで検索できるし、ネット予約もできるので便利です。

しばらく、読んだ本をアップしていなかったので、また記録がわりにブログにとどめておきたいと思いました。

美輪明宏さん、齋藤孝さんとつながって、藤原正彦さんにつながったところです。

 

Sany0428

 

 

★国家の品格を取り戻すには・・・

 

「武士道精神」と「日本人の持っている美しい情緒」を取り戻さなくてはならない。と著者は記しています。

 

武士道精神・・・卑怯なことをしない。なぜしてはいけないかと論ずることなく、理由もなく「してはならない」

美しい情緒・・・四季によって生まれる「自然の儚さ」、「もののあわれ」、「なつかしく想う気持ち」。昔から伝わる日本文学や芸術の中には、日本人特有の素晴らしい感覚が表現されている

 

これらを身につけるためには「読書」が必要っと、この本の中で仰っています。

 

 

英語力や、合理的、論理的なことばかりがもてはやされてきたけれど、

本当に必要なのは、一見なんの役にも立たないような「芸術」や「文学」や「歴史」などの「教養」だという事を、ご自身の体験をもとに書かれています。

読書によって、それらに触れることが出来ます。 

 

 

この本に対する解釈は人それぞれで、賛否両論あるかと思います。

 

私は、この本に書かれているように、世の中を動かすなんて大それたことは思わないけど、

教養を身につけることによって、自分の身の回りに起こる問題を解決していく方法を手に入れることが出来るような気がしました。

 

みんなが、この本に書かれている「美しい情緒」、「卑怯なことはしない」という事にちょっとづつ共感できたら、

もっと世の中は豊かになるのではないかなって思いました。

 

 

そして、美しい情緒を磨くことによって、健康にもつながると私は思っています。

ちなみに、藤原正彦さんは、「藤原てい」さんの息子さんです。

(「藤原てい」さんは、「流れる星は生きている」の著書で、終戦時、満州から子供を3人を連れて帰ったときの壮絶な体験を本にされた方です。)

 

 

良い本があったら、教えて下さると嬉しいです。

暑い日が続いているので、どうぞ皆様お身体にお気をつけて下さいね

 

 

|

« しらすを頂きました♪ | トップページ | 採れたてのお野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001390/61000476

この記事へのトラックバック一覧です: 「国家の品格」を読みました:

« しらすを頂きました♪ | トップページ | 採れたてのお野菜 »