« ハービスプラザ地下2階にある「アンシャンテ」へ行って来ました | トップページ | ラブストーリィーです。 »

映画「チョコレートドーナツ」を観ました

 

1970年代のアメリカでの実話をもとに

作られた映画です

 

大阪では、梅田スカイビルの「シネ・リーブル梅田」で上映されています

http://eiga.com/theater/27/270102/5034/

20140528094052

「チョコレートドーナツ」http://bitters.co.jp/choco/

麻薬中毒の母親を持つダウン症の男の子と、

ショーダンサーと、弁護士の同性愛者のカップルとの愛情の物語です。

映画館は満席でした。

途中から、映画館の中いっぱいにすすり泣くような音が、ざわめいていました

是非オススメしたいので、内容はあまりお伝え致しませんが、

色んな言葉に、様々な思いを感じ、考えさせられる映画だと思います。

 

 

「前向きにポジティブな感情が湧き上がる」というコメントに惹かれて、

私はこの映画を観たいなって思いました。

 

ストーリーはあまりにも残酷な内容なのですが、

理不尽、かわいそう、残念、くやしい、ひどすぎる、社会におけるエゴの犠牲者・・・といった

気持ちが湧き上がってくると同時に、それ以上の優しい愛情が表現されていて、

 

まさに「前向きにポジティブな感情が湧き上がる」気持ちになりました。

 

 

そして、こういう作品に感動する人々が多いという世の中は、

良い方向に向かっていけるのだと思えて来ます。

20140528094744

映画を見終わった後、映画館の入口にあるこのパネルの周りは

長い間、沢山の人達でいっぱいでした。

 

 

タレントや有名人のコメントが書かれていたのですが、他の人がどのような感想をもたれたのかも、とても興味がわいてくるような映画でした。

 

 

是非オススメです。 

|

« ハービスプラザ地下2階にある「アンシャンテ」へ行って来ました | トップページ | ラブストーリィーです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハービスプラザ地下2階にある「アンシャンテ」へ行って来ました | トップページ | ラブストーリィーです。 »