« こんな暑い日は・・・ | トップページ | 最近・・・ »

思いやり第二弾~食堂かたつむりから~

 

これも映画化されてましたね♪

 

 

私の父は、雑穀米が大嫌いなのです。

でも、私は大好きheart04

 

 

栄養があるし、食べ応えがあるし、

何より美味しいからですshine

 

 

なんとか、一度食べてみて欲しいな~って思っていました。

でも、この本を読んで、そんな自分に反省しましたcoldsweats01

 

 

美味しくて、栄養があっても

本人が食べたくないなら、何の意味もない…

 

 

父が雑穀米を食べたくないのは、

戦後、食べ物が無い時に、ヒエや、アワ、お芋など、

色んな物を混ぜて食べていた記憶がよみがえるから嫌なんだそうです。

白米を食べれるという事が、一番「幸せ」なんだそうです。

  

 

Sany0485

 

 

恋人に裏切られて、声をなくした料理人の主人公が

気持ちがすれ違ってしまっている「おかん」を頼って実家に帰ってきます。

そして食堂を開きます。

 

 

ご予約頂いたお客様の気持ちに合わせた、お料理を作ります。

 

 

相手が今、どういう状況なのか?

どんな料理を求めているのか?

そして、何を食べたら元気になれるのか?

 

 

食材の「生」から、「元気の素」を引き出して

その「命」を身体から身体へ受け継いでいく。。。

 

 

食べる事って、自分の身体に一番影響を与える事

だから、余計に大切な人には、良いモノを食べてもらいたいって思いますよね。

 

 

この主人公は、お客様がすべて「大切な人」

想像力を働かせて、相手が何を食べたら「幸せ」な気持ちになれるのか

考えてお料理をつくります。

 

 

この本を読みながら、

「これは身体に良いから、食べてもらいたい」

「どうして、こんなに美味しいのに召し上がらないのだろう?」

って、自分本位で押し付けてしまう自分自身を反省しました。

 

 

相手にとって、何が食べたいのか?

元気になるお料理って何なのか?

これって究極の「思いやり」ですよね。

 

  

同時に、自分の身体を大切にするって、

食べるものも選ぶ事なんだな~って改めて思いました。

 

 

「食堂かたつむり」 

 

 

読んでいて、優しい気持ちになれる本です。

おススメですheart04

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~

↓↓↓週末に発行しています《ご登録お願いします》↓↓

メルマガ『鍼灸屋Keiからのご案内』
http://www.mag2.com/m/0000277097.html

  

鍼灸おかだ治療院のHP

http://www.harikyu-okada.com/

 

ブログ「やさしい~気~」(治療に関する事についてアップしています)
http://harikyuu-okadablog.cocolog-nifty.com/blog/

|

« こんな暑い日は・・・ | トップページ | 最近・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな暑い日は・・・ | トップページ | 最近・・・ »