« 血液検査 | トップページ | 生姜パックの続き »

生姜パック

 

生姜を食べるのも良いのですが、是非おススメです。

 

お灸の種類に、「隔物灸」というのがあります。

もぐさと皮膚の間に、生姜やにんにく、味噌、塩などをおいて

その成分を浸透させるお灸のやり方です。

 

 

その中でもおススメなのが、

「生姜灸」

実際に私は、生姜の成分が皮膚から浸透し

生体に影響を及ぼすのかを

専門学校時代に研究してみたことがあります

 

↓↓よかったらご覧下さいませ↓↓

http://harikyuu-okadablog.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-39dc.html

 

 

皮膚からも浸透して、血管に入り、身体を温めるということが分かりました。

そこで、自宅でも簡単に出来る「生姜パック」の方法をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

①まず、生姜をすります。

Sany0267

 

 

②それを、お茶のパックに入れます。
(100円ショップで売ってますよ)

 

Sany0259

 

③洋服につかないように、もしくは乾いてしまわないように、

片面をラップで覆い、

 

Sany0263

 

 

④こんな感じでテープで止めます

 

Sany0264

まずは、手で試してみてください。しばらくすると、温かく感じてきますよ。

このままでも体温で温かくなって、成分が浸透されるのですが、

この上から、カイロなどで温めるのも良いです。

最初にレンジでチンして、温めておくのもOKです。

ヤケドに気をつけて下さいね。 

⑤風邪の引き始めには、首の後ろに貼って下さい。

 

_mg_86322

 

画像が悪くて申し訳ありません。 

「大椎」というつツボです。

 

もしくは、肩甲骨のあたりの

「風門」や「肺兪」あたりでも大丈夫です。

 

難しかったら、背中の冷えている所に貼ってみてください。 

⑥喉が痛い場合は喉元へ、

お腹が冷えていたり、調子が悪かったらお腹へと

どこにでも使ってみてください。

 

 

⑦使いおわったら、そのままお風呂へポン!

 

Sany0265

 

生姜風呂ですsign03

あたまったら、すぐにお休み下さいね。

 

 

寒い日が続きますので

どうぞ気をつけて下さいね。

 

 

 

|

« 血液検査 | トップページ | 生姜パックの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 血液検査 | トップページ | 生姜パックの続き »