« 生姜パックの続き | トップページ | 「PMS(月経前症候群)とうまくつきあう」という本をよみました »

鍼灸治療とダイエット♪

 「痩せるツボ」って無いですか~???

 

 

 

多くのお客様から良く言われますsmile

 

 

なぜ太ってしまうのでしょうか?

 

 

『摂取する量が代謝する量よりも多い』

 

 

自分に必要な栄養素を、必要な量だけ食べていない。・・・ということですよね。

 

そして、

 

 

『健康を保とうとしている身体に必要な、「栄養」と「運動」と「休息」のバランスがとれていない』・・・という事が、一番の原因となります。

 

 

 

 

もし、鍼灸治療でダイエットを考えるなら・・・

『まずは健康な身体つくりをする』

という事からはじめます。

 

 

 

 

栄養・運動・休息は、もちろん気をつけて頂きたいのですが、

どうしても自分で解決できない事って多いですよね。

 

 

 

当院の鍼灸治療はここをお手伝いしたいと思います。 

 

 

 

身体が太ってしまう原因は大きく二つに分けられます。

 

「気血両虚」というタイプ

「食積痰湿」というタイプ

ご自身がどのタイプか、まずはチェックしてみてください。   

 

 

「気血両虚」・・・体に必要な「気」と「血」が足らない体質の人

 原因は、虚弱体質・老化・長く病気を患っている人・極度の過労などが考えられます。

□疲れやすい
□少しの運動で息切れしやすい
□めまい・立ちくらみ・ふらつきがある
□夜になると目が見えにくい
□胸が苦しくなる
□胃下垂や慢性胃腸炎である
□食欲がない
□軟便、下痢傾向
□すぐ横になりたくなる
□じっとりとした汗をよくかく
□顔色が悪い

  気血両虚 合計     個

身体の元気が不足がちのようです。

胃腸に負担の少ないもので、栄養価の高いものを食べましょう。「卵・豆腐・魚・野菜の煮物…など」

長風呂は汗をかきやすく、体力を奪われるので避けましょう

早寝、早起きを心がけ、朝の散歩がお勧めです。

「食積痰湿」・・・胃腸の消化不良、老廃物の排泄機能の低下

 原因は暴飲暴食、食べ過ぎ・飲み過ぎ、不規則な食事習慣などが考えられる

□胃がもたれる、腹部が張る
□体臭・口臭がある
□口の中がねばねばする
□喉が渇きやすいが、たくさん飲めない
□舌に苔が多くついている
□身体が重く、だるい
□むくみやすく、冷えやすい
□便秘がち
□食後眠くなる
□顔や身体が脂っぽく感じる
□太りやすいタイプだ


  食積痰湿 合計       個

糖尿病・動脈硬化・高血圧・脳卒中など、生活習慣病の危険大

体内に老廃物や余分な水分を取り除く事が大切。

毎日消化の良い、野菜中心の食事で少なめに取る。(しばらくは肉類・甘いものを控える)

身体に熱がこもりやすいので、身体を温める香辛料の効いた料理は避ける。

生ものや冷たいものは、腸の働きを弱めるので控える。

手足をしっかりと動かして、適度な運動を行うことによって、
消化機能をアップさせる事ができます。

 

 

 

いかがでした?

合計が多い方がご自身のタイプです。
(あくまで簡単なチェック表なので、実際とは異なる場合があります)

 

 

 

~当院のダイエットの治療方法は以下の様に行います~

 

 

「気血両虚」タイプには、消化器系(胃腸)の働きをアップさせてから

身体にたまった不要物を取り除く鍼灸治療を行います。

 

 

「食積痰湿」タイプには、身体にたまりすぎた不要物を取り除いて、

気血の流れを良くする鍼灸治療を行います。

 

 

 

そして代謝を良くするツボを使って、

全身の新陳代謝をアップさせますup

 

 

最後に食欲を抑える鍼』(通常の治療料金に含まれています)をして、治療終了です。

Mimi

Mimi_up

 

 

  ←見えます???

 

 

 

こんな感じで耳に鍼をします

(鍼だけが外れて耳の中に入る事はありません)

 

 

 

治療時間は他の治療時と同じ時間、もちろん費用も一律同じです。

治療頻度は個人差がありますが、はじめは「週一回」ご覧院頂きます。

お体の調子を確認した後、「2週に一回」「月に一回」と治療回数を調整していきます。

 

 

★同時にダイエット計画も立てて実行して下さいね

ダイエット計画について・・

まず始めにこちらから初めてみて下さい!

http://harikyuu-okadablog.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-182f.html

 

 

そうしているうちに、自分の身体の事が分かるようになってきて

「食事restaurant」 「運動sweat01」 「休息sleepy」 …を

自分でコントロールできるようになりますhappy01

そしたら治療は終了です。

 

 

 

 

身体の調子を調えながらのダイエットなので、

肩こり・腰痛・頭痛…などの身体のコリや痛みからも解消され、

一石二町ですsign03

 

 

色んなダイエットが上手くいかない方、

一人で悩まないで、鍼灸治療も試してみてはいかがでしょうか?

 

食品のカロリー表と、必要な食品摂取量のサイトを見つけました

これを目安に、食事の量を考えてはいかがでしょうか?

 

良かったら、ご覧下さいませ

 

食品のカロリー表

http://www.eiyoukeisan.com/cgi-bin/project/calorie/cgi/food_in.cgi

食品摂取量について

 http://www.e-uruoi.net/about/index3.htm  

 

 

 

 

|

« 生姜パックの続き | トップページ | 「PMS(月経前症候群)とうまくつきあう」という本をよみました »

やさしい~東洋医学~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生姜パックの続き | トップページ | 「PMS(月経前症候群)とうまくつきあう」という本をよみました »