« 動脈硬化症について | トップページ | 血液検査 »

血糖値について・・・(美しく痩せる為にも必要です!)

 

 

血糖値を穏やかに保つことが大切。

 

 

「世界一の美女になるダイエット」のエリカ・アンギャルさんがおっしゃってます。

 

 

★甘いモノを食べると、血糖値が急上昇します。

 

 

血液中に「糖」が増える為に、膵臓(すいぞう)から

「インスリン」というホルモンが分泌されます。(血糖値を下げるホルモンです)

 

 

すると血糖値が下がるので、今度はもっと甘いモノを食べたくなる

 

 

 

★朝食を抜いたまま活動していると、昼食時の血糖値が急上昇します。

 

 

「インスリン」分泌されて、血糖値が下がります。

 

 

 

血糖値の急激なアップダウンは、太りやすくなる。

 

 

 

血糖値を穏やかに保つために、エリカ・アンギャルさんがおススメされていることは

⇒朝ごはんをキチンと食べる

⇒炭水化物:たんぱく質:野菜=1:2:3

⇒朝・昼の食事で80%、夜は20%の比率で食事をする。

⇒炭水化物とタンパク質は一緒に摂れば血糖値の波が穏やかになる。

さらに、生理学的にいうと、

⇒食事の前に、運動をすると血糖値が上がり、空腹感を感じにくいので食べ過ぎない

運動をするとエネルギーが必要になるので、脂肪や肝臓、筋肉に蓄えられていた「糖」が

血中に出てくるのです。

(ちなみに「脳」も「糖」をエネルギーとしているので、頭を使ったスグは血糖値が高いかも・・・)

 

リラックスすると、血糖値が下がって、空腹感を感じるので食べ過ぎてしまう。

 

 

人間の生理現象なので、知っておくとコントロールに役に立つかもしれません。

 

★そして、血糖値と言えば「糖尿病」です

 

 

血液の中に「糖」が多い状態を「血糖値が高い」といいます。

正常な時は、「糖」が多くなると、筋肉や肝臓・脂肪などに蓄えられます。

そして必要な時に取り出されて、エネルギーとして使われます。

 

 

しかし「糖」が多すぎると、次第に膵臓の働きが追い付かなくなり、

「インスリン」が作られなくなってしまうのです。

(身体に蓄えられず、血液中を漂ったままとなります)

 

 

血液中の「糖」が処理されなくなってしまうのです。

血液の中が濃くなって、それを薄めるために、血管の中に水が集まります

その為に喉がとっても渇いてきます

 

 

そして、血管中の水分は腎臓で調節されているのですが、

尿糖は腎臓から再び身体に取り込まれるので、おしっこばかりが増えます。

 

 

そうしているうちに、「糖」が「血管」を詰まらせたり、傷つけたりするのです。

 

 

傷つきやすいところが以下の3つです。

 

 

①腎臓
・・・身体から老廃物を出せなくなる

②網膜
・・・目が見えなくなる

③末梢神経(自律神経・感覚神経・運動神経)
・・・立ちくらみ、不眠、便秘、下痢、手足のしびれ、感覚障害

 

 

血管が細い為に傷つきやすいのですね。

 

 

大きな血管も動脈硬化が進みます。

心疾患・脳梗塞が発症します。

 

下肢の壊死も引き起こします(切断の必要があることもあります)
・・・動脈硬化による血行不良と、手足の感覚が無いためにおこります

 

 

 

【糖尿病の原因】

①Ⅰ型糖尿病

ウイルス感染や免疫系の遺伝的障害と考えられている
膵臓の障害、もしくは「インスリン」の分泌障害

 

 

②Ⅱ型糖尿病(生活習慣病と呼ばれているのは、こちらです)

肥満、高脂肪食、運動不足、ストレス

 

 

③ホルモン異常によるもの

クッシング症候群、褐色細胞腫、末端肥大症、バセドウ氏病など

 

 

④膵臓病・肝臓病などによるもの

 

 

糖尿病はとても怖い病気です。

どうぞお気をつけ下さいね。

 

 

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞

 

鍼灸おかだ治療院

 http://www.harikyu-okada.net/

 

|

« 動脈硬化症について | トップページ | 血液検査 »

~未病について~」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。