« ④陽気と陰気の「陽気」 | トップページ | ★鍼灸は何に効くの? »

⑤「陽気」と「陰気」の『陰気』

陽気に対する、『陰気」とは・・・

また、前回の陰陽五行論を持ち出すのですが・・・

陰陽とは「相対するもの」

・・・なので、前回の話の続きで語るなら、

         「陽気」を身体の表面を流れているもの っっとすると

これに対する 「陰気」とは、身体の中を流れているもの っっということになります。

しかし、違う基準で『陰陽』をとらえると・・・

「陽気」を身体の機能を動かすもの っっっとすると

「陰気」は身体を形つくるもの っっっということになります。

 東洋医学は『気の流れ』を基準に『生命』を考えます。

でも、この『気』は様々な役割りを担っているのです。

『気』の働きの『何』に基準を置くかによって、

『陰陽』は絶えず変化します。(・・・気の働きについては、また今度

「陰」「陽」は単独で存在しない、「対」になっているもの。。。

静・下・中・沈・寒・暗・・・の雰囲気を「陰」

動・上・表・浮・熱・明・・・の雰囲気を「陽」

とイメージしていてください。

    

 *****     *****     *****     *****     *****

『陰』『陽』を考える時、

一番の基準にしたいのは、もちろん『自然界』からみた様子です。

自然界においては、日の出とともに陽気が高まってきます。

健康な生命ならば、同じ様に「体内の陽気」が高まってきます。

必要なだけの「陽気」が身体に無ければ、昼間は足らない分だけ「活動がおちたり」「しんどい」のです

 ・・・逆もあります。日が落ちると自然界には、陰気が高まってきます。

自分の身体に「陰気」が必要なだけ無ければ、夜間に「眠れなかったり」「しんどくなったり」するのです。

季節の移り変わり、環境の変化に基準をあわせた「陰陽」と

身体の機能・形をつくるものとして基準をあわせた「陰陽」

『気』をもとに考えた「陰陽」

『気・血・水(津液)』と呼ばれるものに基準をあわせた「陰陽」

『外邪(また今度説明します。外から入ってくる病のもとになるもの)』の進入の深さに基準をあわせた「陰陽」

 

    だんだん難しくなってきましたか

  

東洋医学では

「いつ、どんな時にしんどいのか?症状が悪くなるのか?」

「好きな季節はいつか?」

…他たくさんの身体の情報を伺いながら、その人の体質を考え、治療を行います。

そうすると、治療を受けているうちに、患者さん側も、

「どんな時にしんどいのか?自分はどんな時に注意しなくてはいけないのか?」

・・・とだんだんと自分の身体を理解出来るようになり、敏感になるのです。

自分の身体に敏感になると、上手に病から身体を守ることができるようになりますよね。

そして、できれば・・・

自然にあうように『生活習慣』を見直して、

暴飲暴食を控えた「自然のもの・旬のものの食事」

睡眠

適度な運動

身体に~やさしく~してあげて下さいね。

|

« ④陽気と陰気の「陽気」 | トップページ | ★鍼灸は何に効くの? »

やさしい~東洋医学~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⑤「陽気」と「陰気」の『陰気』:

« ④陽気と陰気の「陽気」 | トップページ | ★鍼灸は何に効くの? »